古道を尋ねながら、 中世の史跡に触れ、 東京の原点が解る。

はじめに

かまくら道とは?

道筋点描

経路図

経路表

鎌倉道の特徴

鎌倉道の豆知識

その道筋

こんな場所があります。
それぞれの場所をコメント
と写真でつづる。

板碑は何を語るのか?
その生い立ち

 

連続・シリーズ紀行     

 


現代のかまくら道を行く  < 湘南新宿ラインに乗って、中世回帰の旅へ >  

<はじめに> かまくら道は生きている

 今度、JR線の都心経由でこの首都圏を縦断し、湘南鎌倉から直接北関東方面を結ぶ新線が登場した。これは、東京駅を中心とする江戸期以来の交通体系を改めてそれ以前の姿に戻した歴史的な出来事で、云わば中世期の鎌倉往還道「かまくら道」が復活したと言える。この新線の運行は、我々に発想の転換を迫り、忘れかけていた、これら東京の下地となった鎌倉を支えた土地や人々の特質を知るチャンスを与えてくれている。(本文より)


大船

 保土ヶ谷

鶴見

西大井

恵比寿

新宿

王子

赤羽

鳩ヶ谷

岩槻

幸手

古河

小山

宇都宮

*沿線各地の中世史資料や情報をご提供下さい。

 

鶴見  - 鎌倉の街道表 -

 鶴見は現在横浜市の東の入り口になるが、中世期には東国の中心地鎌倉への武蔵東部からの街道表に当たった。当時は東京湾の渚線が多摩丘陵に迫りその間の狭歪な帯状の土地であった。今でも昔からの主要な交通路がこの山側に集中していることでそれがわかる。
 今では遠方沖合まで干拓されてわかり難いがもともと海浜に面していてここの人々は古くから漁業を生業として来た。この純朴な地が中世期歴史の表舞台に登場して以来これまで様々のドラマを誕生させて来た。(本文より)

 

* 休日、午後の散歩にいかがですか。
かまくら道探索  シリーズウオーキング


上の道編−4 石上から稲村ケ崎まで -中世鎌倉の玄関先を歩く-  
下の道編-4

(能見台から金沢・六浦まで

-鎌倉文化の原点を歩く-
下の道編-3

隅田から鳥越まで

-東京文化の原点を歩く-
上の道編-3

国分寺から府中まで

-武蔵国中心地の歴史を歩く
下の道編-2

常盤橋から三田まで

-日本の中心地域の歴史を歩く- 
上の道編-2

渡内から深沢山崎まで

-村岡から鎌倉城入り口の歴史を歩く-
上の道編-1

(中河原から乞田まで

-霞ヶ関で新田義貞の鎌倉攻めの道-
中の道編-1

三保町、ズーラシアから鶴ヶ峰まで

-畠山重忠が二俣川で最期を遂げる道-
下の道編-1

小岩、江戸川堤から隅田まで

-源頼朝がかつて武蔵へ進軍した道-

                

 

 連続エッセー


かまくら道ヒストリー1 かまくら道のはじまり

(律令制からの独立と鎌倉幕府設立まで )

かまくら道ヒストリー2 かまくら道の発展と精神文化革命 (北条政権の確立と鎌倉新仏教の誕生 )
かまくら道ヒストリー3 新田義貞と鎌倉府の落城 (王制復古と北条政権の崩壊)
かまくら道ヒストリー4 一地方と化した「かまくら道」 (南北朝、足利幕府と鎌倉府、関東戦国期と後北条政権)
かまくら道ヒストリー5 その後の「かまくら道」  (徳川家康の江戸開府から明治新政府まで)        
かまくら道ヒストリー6(完) 現代のかまくら道 (明治以降現代に残るかまくら道とは何か?)

*現在、次のエッセーを手筆中です。

他サイトへのリンク

 

 

 

かまくら道夢めぐり

 

 

Last Updated 13/03/24

Copy right (C)2001-
Hisashi All Rights Reserved