かまくら道夢めぐり

かまくら道の豆知識


かまくら道の起点(終点)は鶴岡八幡宮である。

 源頼朝は幕府を立ち上げる時、まず最初に、鶴岡八幡宮を新たに勧進して、自分の家臣団を束ねるための武家の精神的なシンボルに据えた。従って彼等、家臣団の領地との連絡道の「かまくら道」もそのシンボルに繋がっていなければならない。本殿からまっすぐ南に伸びて段葛につながる中心の道と境内中央部を左右、東西に走る「流鏑馬道」の交点 、ここが「かまくら道」の起点(終点)になる。流鏑馬は武士の基本的な作法として重視され、当時から今日まで毎年この場所で披露されている。この流鏑馬道の起点(終点)から本殿に向かい右手東方に出れば「下の道」で、「朝比奈切り通し」から下総、常磐方面へ、また左方、西方に出れば「小袋坂」から「中の道」、奥州方面へ、「化粧坂」(けわいざか)からは上州方面、「極楽寺坂」からは東海道、京都方面に通じていた。


都市、鎌倉の内にもかまくら道はある。

 鎌倉には、幕府ができる前から律令時代の国道「古東海道」が通っていた。西は稲村ガ崎を越えて海沿いを行き、小坪に抜けていた。当然この道は開幕当初から利用され、西と東の玄関口となった。次に「武蔵大路」と言われ化粧坂までの道、今の石窟小路から今小路を北へ、岩舟地蔵を右へ行けば「亀が谷切り通し」から「中の道」に通じ、左に行けば「化粧坂切り通し」から「上の道」、方面へと武蔵方面に通じる道が、開幕以前の早くからあったようだ。

 幕府が整ってくるにつれて、次々と道が整備されて行った。直接「中の道」に通じる「巨福呂坂切り通し」も拓かれた。流鏑馬道を東に行く道も整って行った。古くから杉本寺の前を通る金沢道はあったが、奥山越えの大変な道であった。そこで、新たに「朝比奈切り通し」を通し、六浦へは近道になり、大変便利になった。三浦方面へも「名越の切り通し」が出来、道も鎌倉からまっすぐに三浦半島にのびていた。西の武蔵方面や京、関西方面へも、それぞれ新たに「大仏坂切り通し」経由「極楽寺坂切り通し」経由の道もひらかれた。
これらの道を南北に 連絡する道は中央の「若宮大路」(この道は後に要塞道路化して西からの防衛ラインになる)を挟んで、東に「小町大路」、西に「今小路」がある。以上がかまくら道に連なる主要道になるが、これらの道が時代と共に街が成長し発展して行ったものと思われる。

 幕府の政庁は、時代を通して大体八幡宮の東方、およそ街の中央にあった。当初、各御家人の屋敷は、自分の領国への道筋とこの政庁を挟んで反対側に割り当てられていたようだ。これは各御家人の動静がわかるようにする配慮だと考えられる。しかし、時代が進むにつれ、各御家人の間の政争が時には戦闘にも発展して、しばしばこの道筋も戦場と化すことが多かった。そして、その時代の有力な豪族が一定の地域を占有し、屋敷の周辺の彼等が庇護した寺社も含めた史跡が、その時代の特色として今でも鎌倉市内各地にそれぞれ特徴的に残っている。そして鎌倉幕府が倒れた後、室町、戦国期になっても鎌倉府はそのまま残ったため、この傾向はその後も続いた。しかし、後北条期に入ると鎌倉は全く政治的空白地になり、一部の寺社(鶴岡八幡宮)は保護されたがその他は放置されたままであった。徳川期には鎌倉は全く荒廃し、この時代後期になると庶民の観光ブームにのり観光名所となった。

鎌倉府内の主要道

study-1.gif (14615 バイト)

*地図をクリックして下さい、拡大します。帰りは「戻る」をクリックして下さい。

 

首都、鎌倉と地方へのかまくら道の役割。

 かまくら道は、基本的には東日本を中心にした道である。もともと、東国武士団の独立国家として誕生した鎌倉幕府が行政道路として使用した道である。関東各地の行政官でもある豪族との連絡道としての役割が大きかった。従って、後に北条政権になって全国支配に及ぶ時点でも、むしろ、関東内部のネットワーク道路としての性格が強い。しかし、京の朝廷に対してだけは連絡道が重要で、このため、京・鎌倉往還道が作られ、駅制を設けるなどして厳重に管理された。

 都市鎌倉を鎌倉城として本丸とするならば、各鎌倉道はその手足に当たり、その先に伸びる関東平野に二の丸、三の丸としての大鎌倉城が考えられていた。戦略的には、西は箱根山を、東は多摩川が重要な防衛ラインとされていた。

 行政上も、国境や郡境に関所(関戸、宿坂、関谷等)や処刑所と牢場(老馬、白山、久米川等)を設けた。こういった境界地は葬送の場所になることが多かった。また、主要な各地に雑色をおいて治安や交通の監理に当たった(笹下、雑司が谷、雑色等)。

 交通が発達するにつれて各地に宿場もできていったが、一般には、水辺を持った旅の通過点(荏田宿、小野路)としての性格がつよく、商業地としてはそれ程大きな発展はなかった(岩淵、隅田、府中等)。しかしこの時代の水運は意外と発達していて、物資の輸送は主に船運に頼る面が大きかった。国内各地はもとより、遠く宗との貿易もしていた。かまくら道の沿道(浅草、江戸、品川、帷子、六浦等)の船運に関わる湊は、商業地として大いに発展した。

 時代が下って、後北条期には政治の中心が西相模の小田原に移ったため、全ての道がそちらにシフト変えになり、かまくら道もそのまま利用はされたが、不要な道は自然に衰退の方向に向かった。徳川氏の江戸入り後は、全く新たに道の編成替えで(全国五街道制度等)、かまくら道の一部道筋は利用されはしたが、新様式で塗り替えられた。

 

鎌倉は東京から意外と身近であった。

 東京はかつての武蔵国である。鎌倉は相模国に属していた。それぞれが別の国でも、この両者は意外と現在の感覚より身近であった。では、当時の相武国境はどの様にして決められていたのであろうか。

 それは河川の流域で決められていた。東京湾に流入する河川の流域は武蔵国、一方、相模国は相模湾に流入する河川の流域に決められていた。つまり、その場所の水が最終どちらの瓶(カメ)に入るか、どちらの湾に辿りつくかでその場所の国籍は決まった。従って、国境線はそれらの河川の流域を分ける分水嶺が自然の境界の役割を成していた。結果的には複雑な構成になる地域もあるが、水の流れに従った自然の摂理に合っていて、当時の自然に逆らわない水利を使った人の営みに合った、極めて合理的な線引きが成されていた。(経路図参照)

 現在の河川名で言えば、武蔵国では北から多摩川、鶴見川、帷子川、大岡川、侍従川流域が、相模国では同じく北から相模川、境川、柏尾川、滑川流域がそれぞれ該当する。

 当時の国境線でみると、現在の区画状況では到底考えられないほど、意外と東京と鎌倉が身近だったことが解る。現在の横浜市のほとんどが武蔵国であったし、東京湾に面した金沢、六浦から侍従川をさかのぼった朝比奈周辺のすぐ鎌倉の裏山辺りまでが武蔵国であった事が判る。従って、「朝比奈切り通し」を抜ければすぐ武蔵国で、当時の鎌倉は相模国の中にあるにはあったが、武蔵と相模のちょうど境界に位置していたとも言えるのである。

 水運を利用すれば、当時の東京のはずれ、下総の隅田の港を出て、隅田川を下り、江戸湾の西海岸沿いに六浦の港まで来て、陸路すぐの朝比奈峠を越えれば、鎌倉の中心部に半日ばかりで辿りつけたのである。それを現在の交通機関を利用しても、最短でも2〜3時間は掛かってしまうのである。

 

 

かまくら道にも旧道と新道があった。

  鎌倉時代以前からの律令政府の官道や郡道があった。東山道や東海道と呼ばれた律令官道の一部には幅16メートルもあるような立派な道もあった。これらの道はそのまま利用されたが、新しい用途に合わせて部分的に利用された場合も多くあった。その場合、新規に開拓された道と古い旧官道との交差点は直角に交わるケースが多かったようである。新たに開拓されたルートの他に、以前からある旧道が平行して残されている場合も見うけられる。これは「上の道」に多いが、その場所の交通量に応じ、また坂道を男坂、女坂のように分けて何本も通っている場合もある。

  時代が下って室町期になると、各地の商業が活発になり道筋の人口も増えてくると、新たなルートも出来てきた。その場合の古道との交点は必ずしも直角ではない。それは、沿道の人口も増え容易に道を尋ねられるようになったせいかと考えられる。従って直角以外、鋭角に交わっている道は室町期以降の新道とみて良い。


 

かまくら道の特徴へはこちら