わずか1gの重曹で体を癒す。

kenkou1

Sponserd Link

わずか1gの重曹で体を癒す。

掃除に使う重曹が健康にいい、なんて聞くとちょっと意外な感じがするかもしれません。

 

でも、重曹(=炭酸水素ナトリウム)は、もともと体の中にある物質です。

 

私たちの体は、体内が弱アルカリ性、皮膚は弱酸性になっています。

 

健康な体は、いつもこの状態を保つように働いているのです。

 

そして、体内を弱アルカリ性に保つためにあるもののひとつが重曹です。

 

血液や体液の餌を弱アルカリ性にする、口内細菌が作り出す酸を中和するなど。

 

私たちが知らない間に、人体のpHバランスを保つ役割を果たしています。

 

だからちょっと不健康なとき、重曹を取り入れることで、体は正しいバランスを取り戻すのです。

 

ここでは、

「疲労回復」

「胃腸改善」

「便秘解消」

に役立つ重曹の3つの健康効果を紹介します。

@重曹を飲んで「疲労回復」

重曹水が体の疲れを取ってくれるしくみ。

 

重曹は水に溶かすことで「ナトリウムイオン」と「重炭酸イオン」に分かれます。

 

この中でマイナスの性質を持つ重炭酸イオンは、体の中にあるプラスイオン「水素イオン」と結合します。

 

疲労のもとになる水素イオンを汗や尿とともに排出させるため疲労回復につながるとされています。

 

しかし運動不足で汗を流す機会がなかったり、老化で新陳代謝が悪くなったりすると、水素イオンが残ってしまいます。

 

これが疲労の原因に。この過剰な水素イオンを解消してくれるのが、重曹です。


Sponserd Link

A重曹を飲んで「胃腸改善」

重曹は胃薬だった事がある。

 

なぜ重曹が胃を改善してくれるのでしようか。重曹が効くのは、「胃酸過多」。

 

食後や空腹時に胃が痛んだり、胸やけやむかつき、胃液が口にこみ上げてくるなどの症状が特徴です。

 

「胃酸」とは、食物を消化する「胃液」の主成分で、その正体は「塩酸」。

 

塩酸といえば、肌にかかるとやけどするほどの強酸です。なぜ、そんな危ないものが体の中に存在するのでしょうか。

 

それは日から入る細菌などの病原体を殺すためです。

 

また、食べ物を溶かす酵素を助ける働きもあります。

 

胃そのものは、粘液で胃酸から守られています。

 

しかし、胃酸が過剰に分泌されたり、保護する粘液の出が悪くなったりすると、自分の胃を傷つけてしまうのです。

 

これがさまざまな症状となり、胃漬瘍を発症することも。胃酸過多には、いくつか原因があります。

 

暴飲暴食、香辛料の多い食事やコーヒー、タバコ、アルコール。そしてストしス。

 

たとえば食べすぎや、早食いをすると、食物を早く消化しようと胃酸が過剰に分泌されます。

 

また刺激物には、胃酸の分泌を促す働きがあります。

 

空腹状態が長く続くと胃酸がたまるし、逆にグラグラといつも食べていると、常に胃酸が出る状態を引き起こします。

 

そんな時は、重曹を小さじ1を、コップ1杯の水に溶かして飲む。胃酸過多による胃痛やむかつきを感じたときに効果大です。

 

ストレスによって粘液の分泌が減り、中和しきれない胃酸が胃壁を直撃することも。

 

胃はとてもデリケートな臓器なのです。

 

こうした胃酸過多のとき重曹を取り込むと、酸とアルカリの中和反応で、胃酸の働きをやわらげてくれるのです。

 

胃酸はpH1という強い酸性。一方、水に溶けた重曹のpHは8程度のアルカリ性です。

 

重曹が胃酸を中和すると、塩と水と炭酸ガスに分解されます。

 

こうして過剰な胃酸の害を、重曹が解消してくれるのです。

 

胃の痛みや、むかつきを感じたら、重曹水を飲んでみて。

 

重曹の量は小さじ1杯ほど。これをコップ1杯の水に溶かします。

B重曹を飲んで「便秘解消」

重曹水を食前に飲むと便秘にもダイエットにも効果的。

 

胃で炭酸ガスが発泡 ⇒ 胃が膨らむ ⇒ 大腸も動き出す ⇒ 排便。

 

ダイエット時に飲む重曹水には、レモン果汁をプラスするのがよいです。

 

レモンはクエン酸回路を作って、体脂肪の燃焼をサポートしてくれるといわれます。

 

ただし、重曹は取りすぎると塩分過剰になるので、1日3gを目安にします。

 

ダイエットの空腹をやわらげ、便秘を改善してくれる重曹水。女性にとって、強い味方といえそうです。

 

重曹水がダイエットに効果的な理由は、女性の多くが悩んでいるという便秘、なかでもダイエット中は小食になることで、胃腸の働きが鈍って便秘になりがちです。

 

健康なお通じにとって大切なのは、まず「食べる」ということです。

 

食べ物が胃の中に入ってきて、胃が膨らむと胃から大腸に「食べ物がこれから行きますよ」というサインが送られ、このサインをキャッチした大腸は、ぜんどう運動を始めて、便を直腸に送り出そうとします。

 

しかし、ダイエット中は食事の量が少ないため、この刺激が起こりにくくなって大腸が働かず、お通じが滞ることになります。

 

ここで活躍してくれるのが、重曹水の炭酸ガスパワーです。

 

この作戦は、便秘に悩む人におすすめです。

C重曹水の作り方

重曹ドリンクの作り方はとっても簡単。

 

ティースプーンに半分から1杯ほどの重曹を、コツプ1杯の水に溶かすだけです。

 

なお、重曹は塩分となる「ナトリウム」を含むので、飲みすぎは禁物です。ちょっとしょっぱい味がします。

 

1日3gほどを目安に飲みましょう。

 

飲みにくい場合は、レモンやクエン酸と合わせてみましょう。

 

酸と重曹のアルカリが反応して発泡、重曹の炭酸水が作れます。

 

クエン酸はかんきつ類などに含まれる有機酸で、粉末のものが薬局で購入できます。

 

あるいは健康効果の高い黒酢と合わせて、黒酢の重曹炭酸水は結構おすすめの飲み方です。

 

重曹炭酸水は、体内での吸収がいいので、スポーツやお風呂あがりで汗をかいたときにビッタリのドリンクです。

 

甘みをつけたい場合は、小さじ1〜2杯のはちみつを加えます。

 

はちみつには疲労回復や、腸内細菌の働きを助ける胃腸改善の成分もあります。

 

マイ重曹ドリンクで、健康なカラダをめざしましょう。

 

重曹ならわずか小さじ半分で、経済的で手軽に疲れを取る重曹ドリンクを試してみましょう。

夏には富士登山

tozan

私が初めて3,000m級の登山をしたのは富士山です。
大学2年の夏休みに富士吉田口登山道7合目の山小屋「日の出館」で40日間アルバイトした時です。
夏山登山の楽しさを思い出し、最近は毎年夏山に登ります。
平成24年は、日本三霊山の「富士山」(3,776m)7月28日に登頂、「立山」(3,003m)9月15日に登頂、「白山」(2,702m)9月29日に登頂、そして「木曽御嶽山」(3,067m)10月13日に登頂しました。
平成25年は、富士山に7回登頂しました。
平成26年は、富士山に4回登頂しました。
平成27年は、富士山に8回登頂しました。
平成28年は、富士山に5回登頂しました。
平成29年は、富士山に6回登頂しました。


Sponserd Link



 
トップページ Facebook Google+ 健康生活ブログ 富士登山ブログ 日々是好日