モーツァルト療法で健康生活

kenkou1

Sponserd Link

モーツァルト療法

モーツァルトの音楽は、これまでの研究で、あらゆる病気に効果があることがわかっています。
たとえば、即効性があるのは高血圧や不眠症。冷え性や便秘症、痛みの緩和にも効果があります。
さらに、自閉症の子どもにも改善効果が見られ、免疫系・脳神経系・血液循環系疾患などの予防にも役立つとされています。
モーツァルトのヴァイオリン曲やピアノ曲には、3,500〜4,200ヘルツの高周波音が豊富に含まれています。
それが、副交感神経を活発にしアルファー波に導きます。

 

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

(1756年1月27日 - 1791年12月5日)はオーストリアの作曲家、演奏家。
古典派音楽の代表であり、ハイドン、ベートーヴェンと並んでウィーン古典派三大巨匠の一人である。
称号は神聖ローマ帝国皇室宮廷室内作曲家、神聖ローマ帝国皇室クラヴィーア教師、ヴェローナのアカデミア・フィラルモニカ名誉楽長などを勤めた。

 

作品総数は断片も含め700曲以上に及ぶ。
作品はあらゆるジャンルにわたり、声楽曲(オペラ、教会用の宗教音楽、歌曲など)と器楽曲(交響曲、協奏曲、室内楽曲、ピアノソナタなど) のどちらにも多数の作品が残されている。

 

(代表的な作品)
●オペラ:後宮からの誘拐、フィガロの結婚、ドン・ジョヴァンニ、コジ・ファン・トゥッテ、魔笛
●宗教音楽:大ミサ曲、レクイエム、アヴェ・ヴェルム・コルプス
●交響曲:第25番、第38番『プラハ』、第39番、第40番、第41番『ジュピター』
●セレナード:アイネ・クライネ・ナハトムジーク、セレナータ・ノットゥルナ
●ピアノ協奏曲:第20番、第21番、第23番、第24番、第26番、第27番
●管楽器のための協奏曲:クラリネット協奏曲、フルート協奏曲、オーボエ協奏曲
●弦楽四重奏曲:ハイドン・セット、弦楽五重奏曲:第3番、第4番
●その他室内楽曲:クラリネット五重奏曲
●ピアノソナタ:第11番『トルコ行進曲付き』

植物と音楽

1996年7月18日、トマトの苗が、2つに分けた畑に移植された。
畑の一方には水を1日に2回やった。
それに対し他方の畑には、水は1日1回やっただけだが、トマトの苗の根元に置いた普通のラジカセでTAS14の音楽を1日に3分間聴かせた。
音楽を聴かせない畑では、トマトの株が平均で1メートルの高さになった。 日影になった何本かの株は、例外的に2倍の背丈になったが、実はほとんどつけなかった。 トマトの果実は小さく、数も少なく、しかも害虫にやられた。
音楽畑のほうは、トマトの株が平均で1.7メートルの高さになり、トマトの果実もずっと大きく、水分をたっぷり含んで割れていることもあった。 1株当たりの収穫は、ほぼ20倍にもなったのだ。
それだけではない。トマトの果肉は歯応えがあり、害虫にやられることもなかった。 音楽畑のトマトの株は、音楽を聴かせない畑のトマトの株よりも水をよく保っているようで、見た目にもずっと元気がよかった。
この実験畑で農作業をした人たちは、最初のうちは疑いのまなざしで見ていたり、ともすればせせら笑ったりしていたものの、驚くべき結果が出たことで、 とうとうの音楽の効果に納得してしまった。

 

植物とクラシック音楽

「デンバーのオルガン奏者でソプラノ歌手のドロシー・リアラック夫人は、1968年、音楽が植物に及ぼす影響の研究を始めた。
夫人は全く同じ条件に維持された2つの温室を提供された。
そこにトウモロコシやカボチャ、ペチュニア、百日草、キンセンカなどを植え、一方の温室にはクラシック音楽専門の番組を流しているラジオを入れ、 もう一方には、ロック専門の番組を流しているラジオを入れた。
するとやがて、クラシックを流したほうの植物は、ラジオの方へ向かって伸びていき、そのうち1本はラジオの周りにやさしく抱きついていた。
ロックのほうは、ラジオから遠ざかるように伸び、ガラス箱の壁をよじ登ろうと(逃げ出そうと)していた。
ロックの方は、最初ヒョロヒョロと背丈を伸ばすが、極端に小さな葉しか出ないか、或いは発育が止まったり、 又はキンセンカのように2週間後に全部死滅してしまった。
ところが、クラシックを聴かせたキンセンカは、その頃には花を咲かせていた。
奇妙なことに、ロックを聴かせた植物は、異常に多くの水を消費することが分かった。
しかし、根の伸びはまだらで貧弱であった。
ところがクラシックを聴かせた方は、根も深く・長く伸びて、ロックの方の4倍近くあった。 夫人はロックの何がこのような結果をもたらすのかという疑問を解消するために、まず強烈な打楽器(スチールドラマ)だけを聴かせる実験を行った。
其の結果、植物は垂直線から10度ほど音源に対し反対方向へ傾いた。
つまり、ロックほどではないが、やはり打楽器の音はあまり好きではないことを示した。
これに対して、バイオリンなどの弦楽器を聴かせたほうは、音源に向かって15度ほど傾いた。
次に夫人は、オルガンを用いたバッハの『コラール前奏曲』と、インドのシタール音楽を流してみた。
バッハの場合、音源のほうに35度も傾き、シタールに至ってはほとんど水平に近いくらい音源に向かって伸びた。 クラシック音楽でも、シェーンベルク、ウェーベルン、ベルクといった20世紀の前衛的な12音階を用いた音楽も聴かせてみたが、あまり関心がないのか、 何も聴かせなかった植物とあまり大差がなかった。
以上の結果は、大きな反響を呼び、CBSテレビが追試実験を行ったが同様の結果が出た。

夏には富士登山

tozan

私が初めて3,000m級の登山をしたのは富士山です。
大学2年の夏休みに富士吉田口登山道7合目の山小屋「日の出館」で40日間アルバイトした時です。
夏山登山の楽しさを思い出し、最近は毎年夏山に登ります。
平成24年は、日本三霊山の「富士山」(3,776m)7月28日に登頂、「立山」(3,003m)9月15日に登頂、「白山」(2,702m)9月29日に登頂、そして「木曽御嶽山」(3,067m)10月13日に登頂しました。
平成25年は、富士山に7回登頂しました。
平成26年は、富士山に4回登頂しました。
平成27年は、富士山に8回登頂しました。
平成28年は、富士山に5回登頂しました。


Sponserd Link



 
トップページ Facebook Google+ 健康生活ブログ 富士登山ブログ 日々是好日