2001年1月29日月曜日紹介


GB「キャデラック2」

1990年11月30日発売/ヘクト/3,300円(込)/A・PZL

<ゲーム内容>・・・説明書より

 キャデラックの世界へようこそ。ゲームの目的は、カードをコントロールして、ポーカーの役を作ること。各ラウンドで目標ポイントをクリアすると、次のレベルに進めるよ!!


<操作方法>・・・説明書より

 十字ボタン・・・ゲームほ始める前は、ゲームのモードの選択やレベルの設定に使用します。プレイ中は、カードの左右のコントロールに使用します。また、下を押すとカードを速く落とすことができます。

 セレクトボタン・・・プレイするゲームのモードを選ぶときに使用します。ゲーム中には、使用しません。

 スタートボタン・・・ゲームを始めるときに使用します。また、ゲーム中に押すと、ゲームを一時中断することができます。

 Aボタン・・・ゲームを始めるときや次のラウンドに進むときのほか、ゲーム中に押すとカードの動きを止めることができます。

 Bボタン・・・1人プレイと対戦ゲームAタイプで、落ちてくるカードの順番を入れ替えるときとラウンド終了後リプレイを選ぶときに使用します。


<レベルセット>・・・説明書より

レベル 見せカード数 ポーズ時間(秒) 落下スピード ハンディカード数 リプレイ回数 アンティ(ドル) レベルクリア点数
60 1.0 500 500
40 1.0 500 1000
20 1.0 500 2000
15 1.0 500 2000
15 1.0 1000 3000
10 1.0 2000 3000
10 1.5 2000 4000
1.5 3000 4000
2.0 3000 4000
10 2.0 5000

※最初はアンティが1,000ドルの為、レベル5までしか選べません。


<役とポイント>・・・説明書より

・ひとりプレイの場合

役カード数 役名 得点
3枚 フラッシュ 10
  ストレート 100
  スリーカード 300
  ストレートフラッシュ 500
4枚 フラッシュ 100
  ストレート 200
  フォーカード 1000
  ストレートフラッシュ 700
5枚 フラッシュ 300
  ストレート 500
  ストレートフラッシュ 2000
  ローヤルストレートフラッシュ 4000

・対戦プレイの場合

役カード数 役名 得点
2枚 ペア 60
3枚 フラッシュ 100
  ストレート 200
  スリーカード 300
  ストレートフラッシュ 500
4枚 フラッシュ 200
  ストレート 300
  ストレートフラッシュ 700
5枚 フラッシュ 400
  ストレート 500
  ストレートフラッシュ 2000
  ローヤルストレートフラッシュ 4000

<組み合わせ数と倍率>・・・説明書より

カード組合せ数 倍率
10
11
12〜 10

※上記の表は、同時に2つ以上の役を組合わせて作る得点の倍率表です。ちなみに1人用・対戦用共通です。


<その他>・・・色々と。

・役はフラッシュ(同じ種類のカード3枚以上)・ストレート(数字の順にカード3枚以上)・スリーカード(同じ数字のカード3枚以上)などがあります。

・思考系のパズルゲームにアクション性が加味されているが、中途半端な感が否めない。むしろハイスコアを競うゲームとして考えた方がよいかも知れない。

・前作はFC版で発売されている。