2001年4月11日水曜日紹介


SFC「囲碁倶楽部」

1996年1月26日発売/ヘクト/12,800円(別)/TBL(囲碁)

<ゲーム内容>・・・広技苑より

 ファミコン版の『囲碁指南』シリーズを受け継いだ「名局観戦モード」がある。ここでは1993年度の7大タイトルを全30局を観戦できる。また対局では、コンピュータの思考やリプレイを見て手筋の研究もできる。


<操作方法>・・・説明書より

 十字ボタン・・・カーソルの移動。

 セレクトボタン・・・コマンド群へのカーソル移動。

 スタートボタン・・・ゲームスタート。

 Aボタン・・・コマンドの決定。

 Bボタン・・・コマンドのキャンセル。石の打ちなおし(”まった”)。

 Xボタン・・・”対局”でのコンピュータの思考表示ON/OFF。”名局観戦”の”手動”でのカーソル表示のON/OFF。

 Yボタン・・・使用しません。

 Lボタン・・・”名局観戦”の”自動”でのスピードダウン。

 Rボタン・・・”名局観戦”の”自動”でのスピードアップ。

※上記ボタン操作は、コンピュータの思考中は使用できません。


<その他>・・・色々と。

・非常にシンプルなつくりとなっている。

・純粋に囲碁を楽しみたい方に。

・このジャンルは定価が高いですね。