2001年4月18日水曜日紹介     2001年5月4日金曜日更新


SFC「制服伝説プリティファイター」

1994年12月2日発売/イマジニア/9,980円(別)/B・ACT

<ゲームストーリー>・・・説明書より

 今から3000万年前、まだ大陸が一つの塊だった頃、現世人類とは異なった種族が栄えていた。彼等はパンゲア(古代大陸)に巨大な帝国を築きその栄華を誇っていた。温暖な気候に芽生えた文化は魔法と科学が混然一体と化した優雅な物であった。

 民の頂点にあったのはライドウ王家を中心とした王族達であり、君主はバラバラであり凛とした者、おっとりした者、甘えん坊にきかん坊、そんな彼女達であったが幸せに暮らしていた。

 ある日突然不幸が彼女達を襲った。叔父であるキール・フォン・ライドウが反逆したのである。迫り来る敵の猛威。紅蓮の炎に包まれていく街。逃げまどう人々。勇猛果敢に戦う竜乗兵達も未知の武器に次々堕ちて行く。

 ライドウ王家の居城にも敵の手勢が攻め込んで来た。

 八人の王女達はその時ハッキリと城の塔の上から見た。迫り来る軍勢の背後に蠢く黒い陰を。暗雲に隠れ、雷光をひきづりながら迫る「魔の軍団」を。

 魔物達は皆揃いの旗印をなびかせていた。暗雲を背に先頭のキール公が焦点の定まらぬ目で闇雲に突っ込んで来る。王女達は全てを察した。叔父のキール公も操られているのだと。真の敵は暗雲の中に隠れ進む異世界の魔の住人である事を。悲鳴がした。宮殿玉座の間に駆けつける王女達。どこからか入り込んだ黒い霧。霧は気体から固体へと姿を変え鎧甲冑を身につけた魔の巨人となった。雄々しく剣を抜き敵と対峙する王。

 勇敢に戦い倒れていく兵士達。魔術神官達が必死に抵抗する。飛び交う光の渦。王達を取り囲む円陣を組み最大の波動を打つ。だが多勢に無勢、しかも相手は妖力は強い。追いつめられて行く王、王妃、そして王女達。城の尖塔に王妃、王女達を逃がす。大神官が傷つきながらも王妃の首に自らペンダントをかけ別れを告げる。塔への重い扉を締め最後の戦いに挑む王。敵に撃たれながら大神官が扉を背にし封印の呪詛を行う。尖塔の長い階段を登る王女達。途中で泣き崩れる王妃。王が倒れた事を察し、理解する王女達。泣く母を抱き起こし階段を登って行く。

 尖塔最上部。古きいにしえの時より開かずの間になっていた部屋。王妃のペンダントが光った。光は一条の線となり鍵穴を貫いた。恐る恐る部屋に入る王女達。埃が舞い、光が帯となり煌いていた。光の中に大きな影が揺らめいた。身構える王女達。影は近づき、跪いた。影は老兵士だった。老兵士は話をした。話の内容はこうだった。

 『その昔、この地に八人の勇者がいた。彼等は東方から来た剣士達で初代ライドウがこの地を魔物から守り国を平定する時大いに活躍し、以来、ライドウの八軍神となった。彼等は自らの没する時各々の魂と技を自らの武器に封じ込め国、民、ライドウ家が危機に陥る時処女の力を借り復活する守り神となった。』

 老兵士は話終わると八つの兜、甲冑、武器を王女達の前に差し出した。それらを身につけ戦場へ向かう王女達。その姿を見て八軍神の復活を確信し塵へと帰る老兵士。見守る王妃。めまぐるしい活躍。けちらされる魔物達。最後に父王を倒した魔人との対決の時を迎えた。強大な力を持つ魔王。そして魔王の周りにいた精鋭部隊。さしもの八勇士の力もかなわない。その時スフィンクスの兜が声無き声を発した。

 集まり武器、兜などを合わせる王女達。光が沸き上がり王女達を包み込んだ。たじろぐ魔王達。大気が緊張し、大地が唸った。光は一本の柱となり天へと駆け登った雷鳴が轟いた。光は巨大な竜の姿と化していった。吹き飛ぶ魔王の軍団。魔王との最後の壮絶な戦い。大地が裂け、地割れに飲み込まれていく魔王達。

 「3000万年後、再び大地が接するとき、我らは蘇りこの地を我が物としようぞ。」

 戦いは終わった。いつの間にかもとの姿に戻った王女達。王女達が持っていた武器は王女達の体に痣の形となって残っていた。戦いの影響で大陸に変動が起こり大地は裂けゆっくり移動を始めていた。

 パンゲアの民は移動を開始した。


<操作方法>・・・説明書より

 十字ボタン・・・キャラクターの移動、モードの選択に使用します。

 セレクトボタン・・・モードの決定に使用します。

 スタートボタン・・・ゲーム中に押せばポーズ(一時停止)がかかります。

 Aボタン・・・中キックを打つ時に使用します。

 Bボタン・・・小キックを打つ時に使用します。

 Xボタン・・・中パンチを打つ時に使用します。

 Yボタン・・・小パンチを打つ時に使用します。

 Lボタン・・・強パンチを打つ時に使用します。

 Rボタン・・・強キックを打つ時に使用します。

※このボタン操作は、最初の設定です。ボタン設定は、オプションモードで変更する事ができます。


<その他>・・・色々と。

・ストーリーは関係あるのか?

・説明書の後半からある漫画はゲーム内容とだいぶ変わっているような?

SSでもリメイク版が発売されています。

このゲームとの関連性が気になります。