2001年10月13日土曜日紹介


FC「頭脳戦艦ガル」

1985年12月14日発売/デービーソフト/4,900円(別)/STG

<ゲームの説明>・・・説明書より

 銀河系Aダクトでは、ジスタス惑星とガーネットスター&ギガラスの双子惑星が反目しあっていた。緊張感高まる中、ガーネットスターが宇宙空間制御装置「ドラッグ」を開発。このままではジスタス惑星は破滅だ!「頭脳戦艦ガル」は「ドラッグ」を破壊するために、戦闘機を乗せ、戦いに出た――。

 このゲームの最終目的は、宇宙空間制御装置「ドラッグ」を破壊することです。この「ドラッグ」を破壊するためには、敵を倒しながら地底、コア、宇宙とワープし、パーツを100個集めなければいけません。100個集めるためには、攻撃してくる敵に撃ち勝って、プレイヤー機をどんどんパワーアップさせなくてはいけません。また、地底部分は1エリアごとにインターチェンジがあり、右か左か、どちらへ進むかで敵の攻撃も変わってきます。これも戦いの大きなポイントになります。


<操作方法>・・・説明書より

 十字ボタン・・・プレイヤー機の移動。

 SELECTボタン・・・1人プレイ、2人プレイの選択の時に使います。

 STARTボタン・・・ゲームスタートおよびゲームを一時中断する時に使います。

 Aボタン・・・ミサイルの発射。

 Bボタン・・・パワーアップ時の斜めミサイル発射。


<裏技>・・・動作確認済。

【無敵】・・・タイトル画面で、コントローラ1のAボタン2回、下1回、左1回、右3回、Bボタン1回、上4回、スタートボタンを押す。破裂音が聞こえたら成功。自機が無敵になる。ただし、壁や壁の突起物には何故かやられるので注意。


<その他>・・・色々と。

・先ず、ジャンルは間違いなく縦シューティングゲームである事を明記しておく。間違っても、スクロール・ロールプレイングゲームではない。

・ゲームは各面に1つあるパーツを100個集めて、宇宙の最終エリアで「ドラッグ」を破壊することであるが、とにかく3つのエリアを何周もしなくてはならないので、時間がかかる。よほどの気合いをいれないと、クリアは無理である。

・地底、コア、宇宙の3エリアを順番にワープしていく。ワープは2種類あり、ワープキャラクターによるワープ「ジスタスワープ」と各最終エリアにある「ノーマルワープ」のどちらかを選択する事ができる。最初はパワーアップしていないので、ノーマルワープの方が無難。

・自機は”ジスタス−21”で、3段階5種類のパワーアップができる。敵を倒していくと、徐々にパワーアップするが、自機がやられると、1段階パワーダウンする。また、TYPE2や3では、BGMが変わる。TYPE3の斜めミサイルは便利だが、ピアノ撃ちする必要がある。

・”セル”というアイテムっぽい敵キャラは、時々障害物にはさまっているが、アイテムではないので注意。

・敵の攻撃がちょっと厭らしい。

・ワープキャラクターは破壊することも出来る

・プレイヤー機が増えたり、パーツが増えたりする隠れキャラクターの中には、大量の得点と引き換えにパーツを全てなくしてしまうものもある。

・ドラッグを破壊できなかったら、また地底に戻される。

・20万点突破で”ジスタスバッジ”が、100万点突破で”ガル勲章”が必ずもらえる(要:切手400円)キャンペーンを行っていたようですね。どんなバッジや勲章だったのだろう?

・上記無敵コマンドは、障害物や突起物にやられるので、完全無敵ではないようだ・・・。

・得点による1UPは、20,000、70,000、120,000・・・(以降+50,000)のようだ。