2002年1月7日月曜日紹介


SFC「す〜ぱ〜ぷよぷよ」

1993年12月10日発売/バンプレスト/8,200円(別)/A・PZL

<ストーリー>・・・説明書より

 魔導の書、時の章に記されている「オワニモ」の呪文。時空の狭間へ魔物を消し去る究極の呪文の一つである。だが、この呪文、この世に生まれてからただの一度も使われたことがない、とまで言われている。決して難しい訳ではない。使用価値がないのである。4匹以上の同じ色の魔物がいないと使えないという、やっかいな呪文なのであった。ゆえに、この呪文は長い間、封印にも似た形で眠り続けていた。

 そして時は流れ、魔導師(の卵)が現れた。アルル・ナジャ。彼女こそ、「オワニモ」の呪文を解き放つためにやってきた最強の女の子だったのだ。ついに活躍の時がきた。長い眠りから目覚めた「オワニモ」の呪文をひっさげて、少女アルルはぷよぷよ地獄へと向かっていく・・・。


<操作方法>・・・説明書より

 十字ボタン・・・モードの選択、ぷよぷよの操作。

 セレクトボタン・・・使用しません。

 スタートボタン・・・ポーズします。

 Aボタン・・・モードの選択、ぷよぷよの回転。

 Bボタン・・・モードの選択、ぷよぷよの回転。

 Xボタン・・・モードの選択、ぷよぷよの回転。

 Yボタン・・・モードの選択、ぷよぷよの回転。

 Lボタン・・・使用しません。

 Rボタン・・・使用しません。

※ぷよぷよの回転方法はおぷしょんで変更可能です。


<裏技>・・・動作確認済。

【エンディング】・・・電源を入れて、1コンの十字ボタン右とLボタン、2コンの十字ボタン左とRボタンを全て押しながらリセットする。すると、いきなりエンディングが始まる。

【ステージセレクト】・・・2コンのA・B・X・Yボタンを全て押しながら電源を入れる。すると、ステージセレクトをはじめ様々な追加オプションが増える。なお、ステージセレクトの場合はオプションでステージを選んだ後、ひとりでぷよぷよの練習ステージで始めると選んだステージになる。


<その他>・・・色々と。

・アーケードをはじめ様々な機種で発売している落ち物パズルゲームのSFC版。

・ゲームモードは3種類。コンピューターと戦うストーリーモード”ひとりでぷよぷよ”、友達と戦うモード”ふたりでぷよぷよ”、自分との戦いのモード”とことんぷよぷよ”。もちろんそれ以外におぷしょんもあります。

・”ひとりでぷよぷよ”には、やさしい・ふつう・むずいの3種類のレベルがあるよ。やさしいだと3ステージだけで終わるけど、ふつう・むずいだと最後の敵、サタンまで勝負できるよ。

・登場キャラクターは全部で16キャラ+アルル、カーバンクル、ぷよぷよ。説明書には19キャラ全ての紹介がしているよ。中でも主人公、アルル・ナジャの紹介がいいね。一文をここで紹介――→虫も殺さぬ顔をしながら、ぷよぷよを殺戮してまわる非道の女の子である。

・連鎖を覚えよう!連鎖なしでは勝利は掴めないぞ。大連鎖になれば一撃必殺だ!!

・”ひとりでぷよぷよ”のキャラクターたちのコント(?)は見ているだけでも楽しいね。