2002年11月15日金曜日紹介


FC「雀豪」

1990年8月30日発売/ビクターエンタテインメント/6,700円(別)/TBL(麻雀)

<はじめに>・・・説明書より

 誰にでもある麻雀の打ち方の癖(役ねらい、切り方、おり方、なき方等)をそれぞれの打ち手ごとに登録することにより、今までのコンピュータ相手との対戦から個性を持つ人間相手の実戦さながらの生きた麻雀を楽しむことができます。つまり「雀豪」では、相手の牌の切り方はもちろん、ツモ牌についても実際の麻雀と同じように、登録されている人間が考えたり、牌をかきまぜたりしている、ということです。ぜひ「雀豪」をお使いの上、実戦のテクニックを磨いてください。


<操作方法>・・・説明書より

 十字ボタン・・・左右に動かして捨て牌の選択。(リーチの時も同じ。)

 SELECTボタン・・・現在の得点、ドラ牌、残り牌の数を表示。

 Aボタン・・・牌を捨てる。ポン、チー、ロン、カンをする。

 Bボタン・・・リーチをかける。(Bボタンを押した後十字ボタンで捨て牌を選ぶ。) ポン、チー、ロン、カンをしない。


<その他>・・・色々と。

・ランキングや個人データなどプレイすればする程、味がでてくる麻雀ゲーム。

・最大20人まで登録でき、バックアップによって自動的に保存されます。

・登録した名前は、4桁の暗証番号によって保護されています。そのため、勝手に使われることはないぞ。

・最初に今日の日付を入力するけど、2000年以降は対応していないようだ。