2002年12月29日日曜日紹介


FC「ゲームパーティー」

1990年8月3日発売/ココナッツジャパン エンターテイメント/6,500円(別)/ETC(ミニゲーム)

<ゲーム内容>・・・広技苑より

 スポーツが主体のパーティ用ソフト。バスケットボール、エアホッケー、ピンボール、ホッケー&サッカー、マインドQといった5種類のゲームが入っている。


<操作方法>・・・説明書より

 十字ボタン・・・メニューの選択、数字やマークの選択、パドルや選手の操作などに使います。

 SELECTボタン・・・マインドQでヘルプするとき使います。

 STARTボタン・・・ゲームを開始します。

 Aボタン・・・選択の決定、その他に使います。

 Bボタン・・・選択の決定、その他に使います。


<ゲームの説明>

〇AIR HOCKEY(エアーホッケー)

 十字ボタンの上下左右で自分のパドルを操作して、高速で動き回るパックを打ち返し、相手ゴールにシュートして下さい。制限時間内で多く得点した方が勝ちです。ゲーム中に画面中央よりスペシャルカプセルが現れ、これを自分のパドルで取ると、そのカプセルに応じた効果が得られます。カプセルの種類は5種類。色によって効果の違いがわかるので、カプセルをうまく使って有利なゲーム展開をしよう。カプセルばかりに気をとられていると、そのスキにゴールされてしまうので注意。反射神経が勝負のゲームです。

 

〇HOCKEY(ホッケー)/SOCCER(サッカー)

 まずホッケーかサッカーかを選択して下さい。操作方法はホッケーもサッカーも同様です。十字ボタンの左右で選手を操り、Aボタンで左回り、Bボタンで右回りに選手を回転させ、パックを相手ゴールに打ち込んで下さい。十字ボタンを下に押しながらAまたはBボタンを押すとキープ、ドリブルができます。制限時間内に多く得点した方の勝です。全ての選手をうまく操り回転させ、ロングパス、ショートパス、キープ、ドリブルを駆使して、コンビネーションパスやポストプレイなど、ホッケーそのままのプレイを楽しんで下さい。

 

〇PIN−BALL(ピンボール)

 Aボタンで玉を発射させ、Aボタンで右フリッパー、十字ボタンで左フリッパーを動かします。Bボタンを押すと画面を揺らすことができます。

 

〇BASKETBALL(バスケットボール)

 ボールが入っている穴の横の数字に合わせて、画面上部の1から14までの数字を十字ボタンの左右で選び、AまたはBボタンを押します。Aボタンを押すとシュートおよびロングパス、Bボタンでショートパスができます。制限時間内に多く得点した方が勝です。相手より操作が遅いと、どんどんボールを取られてしまいます。反射神経とコントロールが大切です。ボールの動きをよく見て、すばやく数字を合わせて下さい。

 

〇MIND−Q(マインドQ)

 7種類の果物のうち4種類が□の下に隠れています。その種類と並び方を当てるゲームです。2人でプレイする場合、ひとつの答えを2人で当てるPATTERN1と、2つの答えをそれぞれで当てるPATTERN2の、どちらかを選択して下さい。十字ボタンの左右で画面下の果物をひとつ選び、Aボタンで決定します。4種類選び終わったらBボタンで押して下さい。その都度、コンピューターからヒントが出されるので、それをもとに正解を当てて下さい。セレクトボタンを押すと、ヒントの内容が表示されます。


<その他>・・・色々と。

・「AIR HOCKEY」「HOCKEY」「PIN−BALL」「BASKETBALL」「MIND−Q」といった5つのミニゲームが楽しめます。それぞれ1人か2人用でプレイでき、ピンボールのみ最大4人でプレイできます。

・「AIR HOCKEY」では自殺点に注意をしよう!また、紫のカプセルはパドルが小さくなるマイナスアイテムなのでとらないようにし、緑のカプセルは相手ゴールが大きくなるので得点チャンスだ!!

・「HOCKEY」は、SOCCERに変更する事もできるよ(内容はほぼ同じです)。昔懐かしい手で操作するゲームがあったけど、まさかここでプレイできるとは・・・(◎0◎;)

・「PIN−BALL」は、1機で得点を競うゲームだ。3画面分くらいある台の中で、様々な仕掛けがあるぞ。ロストする場所に火山があって偶然噴火していると助かったり、恐竜を倒してボーナスを手に入れたりして、演出も楽しいよ。交代制で最大4人までプレイできるよ。

・「BASKETBALL」も昔懐かしいゲームだ。相手との共通番号のところは素早く対応し、自分のところだけの番号は冷静に対応しよう。特にゴール前で、自分だけの番号は得点チャンスだ!ボールが完全にとまってからシュートするとほぼ確実にゴールできるぞ。

・「MIND−Q」は、ヒントをもとに答えを導き出すゲームだ。レベルがあがるにつれて、種類やヒントが難しくなるぞ。個人的に5つの作品で最も気に入ったゲームだ!レベル5クリアかゲームオーバーで「ひと」「さる」「うし」「へび」「あめーば」の中からのーみそ判定されるよ。

・「AIR HOCKEY」「HOCKEY」「BASKETBALL」の場合は、タイムセットの半分の時間でコートチェンジだ。また画面上でやむなくパックやボールが止まってしまった場合や、故意に自分でパックやボールを持ったまま10秒以上動かずにいると、カウントダウンが始まりそのままの状態だとその10秒後にセンターから再スタートされます。

・どのゲームも操作が簡単で接客用にいいですね。逆に1人用だとちょっと物足りないかも!?