2003年2月10日月曜日紹介


FC「ジャストブリード」

1992年12月15日発売/エニックス/9,700円(別)/S・RPG

<プロローグ>・・・説明書より

 ・・・・・・・・・・・・古き言い伝えによれば、はるか伝説の時代、この地にはランブルビルという国が栄えていた。サファイア、エメラルド、ラピスラズリ、クリスタル、アメジスト、ターコイズ、そしてルビー ――7つの聖なる石の力に守られ、7人の導士に導かれて、永遠の平和と限りない繁栄を約束された、美しい国であったという。

 だが、ひとつの石によこしまな影がさし、その心が裏切りの闇にとらわれたとき、ランブルビルはたちまち、塵に帰ってしまったのだ。そして、聖なる石をたずさえた7人の導士たちは、それぞれの民を率いて去っていった。

 なぜ、ランブルビルは一瞬のうちに滅び去ったのか。その謎に、言い伝えは答えてはくれない。ただ、導士のひとりが残した予言が、いまも伝えられているのみである。

 「われわれは7つの石に導かれ、ふたたびここに集まるであろう。正しき力を信じるものが、悪しき力を封じこめ、われわれをこの地に呼びもどすのだ。”正しき力を信じる者”――彼らは、こう呼ばれるであろう。”ジャスト・ブリード”と」・・・・・・・・・・・・


<操作方法>・・・説明書より

 十字キー・・・町の中での移動や、ウィンドウ内のカーソルを選ぶときに使います。

 SELECTボタン・・・名前入力のウィンドウで、ひらがなとカタカナを切り替えるときに使います。

 STARTボタン・・・タイトル画面で、ゲームをスタートするときに使います。

 Aボタン・・・ウィンドウを表示したり、コマンドを決定するときなどに使います。また文章ウィンドウの▼が点滅中に次の文章を読むことができます。

 Bボタン・・・フィールド上ではキャラクター間のカーソル移動に使います。ウィンドウ内ではキャンセルができます。

★十字キー+Bボタン・・・町の中などで、十字キーを押しながらBボタンを押すと、すばやく動けます。


<その他>・・・色々と。

・RPGの要素が強いシミュレーションゲーム。戦略的要素は高くないが、チームプレイが大切。プレイしやすいが、若干戦闘に物足りなさを感じる事もある。

・漢字を使っているので、非常に読みやすい。また、Bボタンを押しながら早く移動できるなどシステム的にも配慮がある。

・町の人々との会話が楽しいですね。会話や動作から個性がうかがえます。

・主人公の名前は自由に決めれるよ。また、主人公の恋人”フィリス”や主人公を慕って一緒に行動する部下”マーレイ”、”ギリアン”、”エルク”、”レニー”など魅力的ですね。

・セーブは2つまでできます。

・キャラクターデザイン(高田祐三)、シナリオ(佐藤克之)、音楽(田中公平)、プログラム(株式会社ランダムハウス)です。(敬称略)