2003年5月9日金曜日紹介


FC「1943」

1989年6月20日発売/カプコン/5,300円(別)/STG

<ストーリー>・・・説明書より

 強大な敵の奇襲に我軍の海上基地は壊滅に近い打撃をうけた。奴らはそれからも各地に侵攻し、今や我国も奴等の手におちるかと思われた。しかし我々も指をくわえてみていたわけではない。残された艦船を総動員して、ここヴァルハラにおいて起死回生の決戦を行おうとしていた。だが、またも勝利の女神は我々にひじ鉄をくらわせた。敵空母から発進した爆撃機が、不運にも我艦隊を発見し爆撃を加えてきたのだ。あまりにも鮮やかな奇襲に我々は手をこまねいて見ている事しかできなかった。ブルーホライズンもグローリーもジミーヤングも沈んだ。残ったこのホークネストも半壊し、艦載機も全滅してしまった。ただ一機、俺の愛機、P−38ライトニングを残して・・・・・・。


<操作方法>・・・説明書より

 十字ボタン・・・プレイヤーの移動

 セレクトボタン・・・タイトル画面でメニューの選択及びコンティニュー時の選択。

 スタートボタン・・・ゲームスタート及び(ゲーム中の)ポーズ。

 Aボタン・・・イナズマ ※1回につき、バイタリティーを8消費。

 Bボタン・・・攻撃 (1秒以上押し続けると)レーザー

 A+Bボタン・・・宙返り  ※各ステージ3回まで。


<プレイヤー紹介>・・・説明書より

「双胴の悪魔」 P−38ライトニング

 P−38ライトニングは大戦開始とともに戦場にその姿を出現させた戦闘機である。尾翼を2本のブームで支えた特異な形式の双発戦闘機で、高速かつ武装も強力であった。「空中戦闘で多数の敵機を撃滅すること」を任務とし、我軍の戦闘機の中で最も多くの敵機を撃墜した戦闘機なのだ。それゆえ、敵国からは「双胴の悪魔」と恐れられていた。


<その他>・・・色々と。

・アーケードから移植の縦スクロールシューティングゲーム。全24面。1人用。

・編隊で飛んでくる3〜5機の赤水編隊は、全て倒すと”POW”を出すぞ。エネルギー補給や多方向ショットへのパワーアップなど有利になるので取るべし。

・「攻撃力」、「防御力」、「エネルギータンク」、「特殊武器」、「武器の使用時間」といった能力を上げるため、隠しキャラクターを見逃すな!

・イナズマや宙返りなどで危機を回避せよ。決して出し惜しみはするなよ。何故なら1機しかないので・・・。

・コンティニューはもちろん、パスワードでも続きからプレイする事ができます。ただし、最終面のみパスワードはありません(コンティニューはあります)。

・エネルギーが残り少なくなると、音で知らせてくれるよ。0になってもすぐに墜落するわけではないので、諦めずにガンバレ!

・上下左右から激しい敵機の攻撃があり、特に最終面は音楽まで処理落ちする程、激しい攻撃でした。

・エンディングは(一応)ありました。ナンシーって誰よ!?

・本当は1943本目に紹介したかったんだけどね。