トップページへ戻る

大学四年間の学費と生活費

告:ブログ「切ない人たち」も立ち上げました。
時間があればこちらもよろしく。

受験直前期「父母の心構え」もお読みください

拙い資料ではありますが、大学生活には一体どれぐらいお金がかかるのか算出してみました。こうしてみるとよくわかりますが、やはり大変な金額です。もちろん私立大学についてはあくまで授業料・施設維持費は全大学・全学部平均です。つまり、理系だとこれより20万余計に、逆に文系だとこれより安いかもしれません。ただ理系でも薬学部になると20万以上高くなるでしょうし、医学部だともう天文学的数値になります。またこれから予想されることは国立は国家予算が厳しくなっていますので、国立大学は授業料を一年に2万円程度のペースで値上げしていくことが考えられます。逆に私立はあまり値上げしますと受験生が減少してしまう恐れがあるので値上げは控えていくのではないかと思われます。つまり、今後、大学における国立大学と私立大学の格差は縮小していくと思われます。なおこの表には大学合格までの浪人生活の費用、大学受験の受験料・宿泊日・交通費は一切含まれていませんので誤解なきようよろしくお願いします。

 これらの費用を出来る限り少なくするためには「国民生活金融公庫」の教育ローン「日本学生支援機構」(旧日本育英会)の第1種奨学金・第2種奨学金(希望プラン)の申し込みをお勧めします。興味ある方はアクセスしてみてください。

 大学の授業料は文部科学省の調査による。
    私立大学は授業料・入学金・施設維持費は全学部平均。
    国立大学は2002年度・私立は2001年度の金額。
    生活費は全国大学生活協同組合連合会調べ。

 

国立大学(自宅)

国立大学(自宅外)

私立大学(自宅)

私立大学(自宅外)

入学金

282千円

282千円

28万7千円

28万7千円

授業料1学年

496800

496800

799千円

799千円

授業料2学年

496800

496800

799千円

799千円

授業料3学年

496800

496800

799千円

799千円

授業料4学年

496800

496800

799千円

799千円

施設維持費(4年間)

 

 

80万8千円

80万8千円

住居費(4年間

2万4千円

295

2万4千円

295

食費(4年間

452千円

1253千円

452千円

1253千円

娯楽費(4年間

34万1千円

428千円

34万1千円

428千円

書籍費(4年間

86千円

12万円

12万円

86千円

勉学費(4年間

7万円

102千円

7万円

102千円

日常費(4年間

282千円

504千円

282千円

50万4千円

電話代(4年間

30万7千円

418千円

30万7千円

41万8千円

交通費(4年間

53万1千円

202千円

53万1千円

202千円

合計

4362200

824万6200

6418000

10234000

制作 吉本康永

 最新大学ニュース

面接官出張します…富士常葉大が「どこでもAO入試」

 
静岡県富士市の私立富士常葉大学(水野隆徳学長)は、9月に行う環境防災学部の2007年度AO入試から、遠隔地の受験生を対象に、国内ならどんなに遠方でも、教員が受験生の在籍する高校などに出向いて面接試験を行う「どこでもAO入試」を導入する。
あらかじめ会場を定めず、しかも受験生が一度もキャンパスを訪れないまま、大学側が国内のどこへでも出かけていく入試は珍しいという。
今春、入学者が定員割れした4年制私立大の割合が初めて4割を突破、同学部も今春の入学者は定員割れしており、生き残りをかけたユニークな学生獲得策として注目される。AO入試は、受験生の個性や勉学の意欲など、学力面に偏らない総合的な人物評価を行う手法。「どこでもAO入試」は静岡県外や県内でも山間部などに住み、地理的なハンデのある受験生が対象。教員の出向く費用は大学側が負担する。 (読売新聞) - 8月22日16時8分更新


奨学金返還時に税制優遇=少子化対策へ親の負担感軽減−文科省要望へ

 
文部科学省は29日、日本学生支援機構の奨学金について、2007年度税制改正で奨学金返還時の税制優遇措置を盛り込むよう要望する方針を決めた。学生本人が借りやすく、返しやすい環境を整備することで、夫婦が将来の教育費負担を考えて子どもを持つことに二の足を踏まないようにするのが主目的。また、卒業後の奨学金返還を促すことで、「貸し倒れ」防止の効果も狙う。同奨学金は、大学院、大学・短大、高専、専修学校専門課程の学生本人が対象。今年度の奨学金貸与人員は109万人と10年前の2倍以上で、事業費は1996年度の約2400億円から約8000億円に増加している。子どものいる家庭にとって、幼稚園と大学段階の教育費の負担感が最も強いとされる。そこで同省は少子化対策とともに、親の所得に伴う「格差の是正」の観点からも、返還分を所得控除対象とするなどの税制上の対応を求め、卒業後の返還を支援することとした。返しやすい制度とすることにより、「学生本人が学費を負担して自立する」奨学金本来の機能の強化を目指す。(時事通信) - 7月30日6時1分更新

★ 名は「中京女子大」、でも「男子学生受け入れ」

 中京女子大(愛知県大府市)は来年度から一部の学部で男子学生を受け入れると決めた。「学風を維持する」(谷岡郁子学長)ため、大学名は当面変えない。 大学側によると、女子大の名称のまま男子を受け入れるのは大学としては全国初。 同女子大は、女子単独での教育の是非を検討した結果、人文学部(児童学科、アジア学科、各定員60人)で男子受け入れを決め、「(入学者は)女子でなければならない」と定めた学則を変更した。男子の定員枠は特に設けず、今後、健康科学部の栄養科学科でも受け入れ準備を進める。 同学長は「女性の魅力を引き出すような男子学生を育てたい」と話している。(読売新聞) - 6月4日20時14分更新

数学だけ5時間…東工大「究極の1科目入試」今秋から

数学1教科だけの5時間の試験と書類選考だけで合否を決める――。“究極の1科目受験”と言えるユニークな入試を、東京工業大学理学部が今秋実施することを決めた。センター試験の結果は参考にせず、面接も行わない。国立大学の入試の中で最も長い1教科試験になるとみられる。東工大によると、2007年度入学予定者に対する試験で、実施時期は今年11月。午前と午後に2時間半ずつの制限時間を設け、それぞれ2問程度を出題する。定員は20人。物事を深く考え、じっくり課題に取り組む能力が落ちているとの見方から、公式や知識を問う難問ではなく、考える力や解き方が重要な問題を出す。大学側は、物理や化学などの能力も数学の試験で類推できると判断している。想定問題や解答例は、5月ごろ公表。合格水準に達する者が定員に満たない場合、欠員は2次試験前期日程の募集人員(165人)に加える。後期日程は廃止する。文部科学省によれば、論文を除く今年度の国立大入試で、1教科で最も試験時間が長かったのは、金沢大学理学部数学科の数学で3時間だった。

 ◆法人化の国立大広がる独自入試◆

 科目数の多いセンター試験を敬遠し、私立大を選ぶ受験生は多い。法人化し、自己裁量の余地が増えた国立大では、メーンの2次試験とは別枠で、独自の入試を導入する動きが盛んになっている。九州大の「21世紀プログラム」選抜では、科目横断的な講義を聞かせ、リポートを3本提出させる。広島大理学部物理科学科も講義を受けさせて能力を判定するゼミナール型入試を実施している。

(読売新聞)-
3月11日14時33分更新

国公立大、5964人を「門前払い」 中・後期日程

文部科学省は6日、国公立大学がセンター試験の成績で「門前払い」する2段階選抜の実施状況(中・後期分)を発表した。 第1段階で不合格となったのは、延べ5964人で、10日に結果を発表する東大は含まれていない。実施を予告した48大学・145学部のうち、実際に2段階選抜を実施したのは31大学・49学部だった。朝日ネット(2006年03月06日)

日本の高校生は意欲足りない 日米中韓で意識調査

享楽的で、「人並み」意識が強く、意欲が少ない――。こんな日本の高校生像が、日本、米国、中国、韓国の4カ国の高校生の生活意識に関する調査結果から浮かび上がった。調査を実施した財団法人「日本青少年研究所」などが1日、公表した。「あれもこれもやりたい」と意欲的な他国に比べ、趣味や友人関係、学業など生活全般にわたって「希望」が少ないことが特徴だ。調査は昨年10〜12月、各国で約1000〜3000人の高校生を抽出して実施。日本は全国の12都県で1342人に聞いた。調査内容は関心事や悩み事、満足感など多岐にわたる。他の3カ国と,日本の高校生の回答が大きく違ったのは、「現在、一番大事にしていることは」という設問だった。3カ国が多くの「希望」に丸をつけたのに、日本の生徒の回答は圧倒的に「やりたいことがない」という結果になった。この設問は、「遊んだり好きなことをしたりする」「希望の大学に入学すること」「何か特技をもつこと」「好きな異性と仲良くなること」など、自分の「希望」に関する16項目を挙げ、あてはまるものに丸をつけさせるもの。例えば、他の3カ国とも7割以上の生徒が「成績がよくなること」を希望したのに、日本は33%。「友人関係がうまくいくこと」は日本の高校生も最も多く希望したが、40%どまりで、米国の67%、中国の53%、韓国の44%と、差がついた。(朝日ネット2006年03月02日)

★ <毎日育英会奨学生>都内で卒業祝賀会 250人が出席

 首都圏の毎日新聞販売所で仕事をしながら勉強に励む毎日育英会奨学生の05年度卒業祝賀会が11日、開かれた。大学・専門学校などの卒業予定者をはじめ販売所関係者など250人が出席した。祝賀会では、毎日育英会の淵上忠之理事長が激励の言葉を述べたのに続き、北村正任・毎日新聞社社長のお祝いの言葉が紹介された。(毎日新聞) - 2月11日18時32分更新

★ 大学入試センター試験、受験者は3年連続で減少

大学入試センターは8日、先月実施した06年度センター試験の最終結果を発表した。追試験・再試験を含めた総受験者数は50万6459人で、3年連続減少した。志願した55万1382人に対する「受験率」は91.85%(前年度比0.19ポイント減)だった。(朝日ネット2006年02月08日)

学生獲得 サバイバル 全入時代目前 入試も多様化

全国に12試験場・1校5回受験可・国立も電車広告

 二月に入り大学入試シーズンは本番を迎えた。一日は福岡市の九州産業大など私大で試験があり、国立大でも二十五日から二次試験が始まる。少子化で受験生は減り、志願者全員が入学できる「全入時代」は間近。九州の各大学は学生確保のため、さまざまな試験方式 で受験の機会を増やしたり、九州以外の学生を視野に全国各地に会場を設けたりと、あの手この手の獲得作戦を展開している。学生確保に先手を打つ形で日本文理大(大分市)は今シーズン、一般入試の一部を十二月に前倒しした。「早めに進路を決めたい学生は多いはず」(入試課)との狙いだ。立命館アジア太平洋大(大分県別府市)は九種類の試験方式を設ける。三教科の試験を課す一般的な入試だけでなく、英語一教科だけを課すものや、大学入試センター試験の結果で合否判定するものも。三教科型では試験日が五日間設定されており、受験生は最多で五回、試験を受けられる。大学以外でも受験できるよう、多くの私大が「地方会場」を用意する。第一薬科大(福岡市)は一月の入試で札幌、東京、那覇など計十二会場で試験を実施した。国公立大でも鹿児島大(鹿児島市)は二〇〇一年から、「全国から学生を集めたい」と水産学部の入試を東京でも開催。現在は工、農学部の試験も実施する。大手教育出版の旺文社のまとめによると、広島市でも試験をする福岡県立大(福岡県田川市)など九州・山口の四校を含む全国二十八大学が地方会場を置く。 大手予備校によると、少子化の進行で、受験生の志望が有名校に集中する傾向が強まっており、選ばれる大学とそうでない大学との「二極化」が進む。東京大が福岡市などで大学説明会を開くなど、国立の有名校であってもPRに懸命だ。 長崎大(長崎市)は一月、福岡市営地下鉄に初めて中づり広告を出した。「国立でもつぶれないとは限らない」(入試課)と、来年はテレビCMも検討するという。 入試の多様化について、受験生は「わざわざ遠くの大学まで行かなくても済み、お金がかからなくていい」(福岡県大野城市の予備校生)と歓迎。駿台福岡校の岸川直紀副校舎長は「学生の確保と同時に、大学にとっては受験生が増えれば、受験料や入学金収入が増えるという経営的な側面もある」と分析している。
(西日本新聞) - 2月1日14時50分更新

入学保証ではありませんが・・・慶大が予備校と共同講座


慶応大学の総合政策、環境情報両学部(神奈川県藤沢市、通称SFC)は今春から、現役高校生向け予備校「早稲田塾」(東京都区)と共同で、選抜した高校生約15人を対象に先端科学の連続講座を開く。 受講すれば同大に入学できるということはないが、同大は、面接などで入学の意欲や個性を重視した選抜を行うAO入試を日本で初めて導入しているだけに、入学を目指す高校生には目が離せない講座となる。特定の予備校と有力大学の連携も異例だ。この講座は「スーパーサイエンスプログラム」。今年は、環境情報学部長の冨田勝教授の専門の生命科学分野で、高校2、3年生を対象に開講する。受講生は4月から8月まで7回程度、冨田教授ら慶大の教員と、早稲田塾の講師の指導を受ける。8月には、慶大先端生命科学研究所(山形県鶴岡市)で合宿にも参加する。教授が講義するだけではなく、実験や討論、食事などを交えた交流も重視。大学院生らのプロジェクトにも取り組む。国際会議で発表できる力をつけるために、科学分野の英語も学ぶ。 早稲田塾に通っていなくても応募可能で、選抜試験では、米誌タイムの記事を読んだ上での小論文と面接を課する予定だ。 慶大は2007年度以降、先端科学以外に、情報技術(IT)など他分野の講座の開設も検討する。早稲田塾は東京都や神奈川県で計13校を展開。AO入試の対策講座にも力を入れていることから、慶大と連携することになった。冨田教授は、「入試のために勉強するのではなく、やりたいことをとことん勉強してAO入試を受ける高校生を増やしていきたい」と話している。

                                                              (読売新聞) - 1月30日3時20分更新

センター試験の平均点の中間集計、公表

 
大学入試センターは25日、今月21、22日の両日に行われた大学入試センター試験の各科目について、平均点の中間集計を公表した。中間集計の対象は、試験を受けた約50万人のうち約20万人。得点調整は、地理歴史の3科目、公民の3科目、理科の4科目で、平均点に20点以上の差が出た場合に検討される。しかし、得点調整の対象科目で最も平均点の差が大きかった「世界史B」と「日本史B」の差でも12・19点のため、今回は行われない見通し。また、今回初めて実施された英語のリスニング(聞き取り)の平均点は、50点満点で36・07点だった。 (読売新聞) - 1月25日22時7分更新


<センター試験>ICプレーヤー不具合続発で文科相が陳謝

 
大学入試センター試験の英語リスニング(聞き取り)テストでICプレーヤーの不具合が続発した問題を受け、小坂憲次文部科学相は23日、記者会見し「万全を期したと聞いていたが、実際にこういったことが起こったのは誠に遺憾。不具合の機器に当たった受験生の皆さんには大変なご迷惑を掛け、心からおわび申し上げたい」と陳謝し、再発防止に全力を尽くすことを明らかにした。
 また、機器不良などを申し出ながら試験会場の監督者の不手際で受験生の一部が再テストを受けられなかったことについても、「現場で十分に対応していなかった事実があったようで、誠に遺憾」と語った。【長尾真輔】
(毎日新聞) - 1月23日13時22分更新


★ <学校合併>兵庫の関西学院と聖和大学、協議を開始
 
学校法人関西学院は18日、学校法人聖和大学と08年4月の合併に向け協議を始めたことを明らかにした。4年制私立大を持つ学校法人同士の合併は終戦直後を除けば全国初。両法人とも3月末まで合併形態などを検討し、合意が得られれば4月から合併の準備に入る。聖和大学の法人が解散し、関西学院側に吸収される見通し。(毎日新聞) - 1月18日21時37分更新

★ 2006年立教大学初年度納入金

代表的な私立大学の今年度の例として立教大学ホームページから転載しました。

【学部:学費及びその他の納入金(初年度納入金)】 (単位:円)

経済
社会
学費
入学金
320,000
320,000
320,000
320,000
320,000
授業料
733,000
733,000
1,041,000
733,000
733,000
施設費
175,000
175,000
315,000
175,000
175,000
実験料
  ----
----
数     ----

物(1年)40,000

化(1年)80,000

生(1年)80,000



15,000

  ----

補助教材費

10,000
10,000
10,000
10,000
10,000
その他の納入金

研究会費

3,000
2,000
----
1,500
3,000
学生健康保険
互助組合費
3,500
3,500
3,500
3,500
3,500

機関誌「立教」
購読料(4年分)

8,000
8,000
8,000
8,000
8,000
  
合 計
1,252,500
1,251,500
(数) 1,697,500
(物) 1,737,500
(化) 1,777,500
(生) 1,777,500
1,266,000
1,252,500
観光

コミュニティ
福祉

経営
現代心理
学費
入学金
320,000
320,000
320,000
320,000
授業料
733,000
733,000
733,000
733,000
施設費
175,000
175,000
175,000
315,000
実験料
  ---- 4,000
15,000
心理 15,000

映像   ----

補助教材費

10,000
10,000
10,000
10,000
その他の納入金

研究会費

1,500
3,000
3,000
心理  3,000

映像   ----
学生健康保険
互助組合費
3,500
3,500
3,500
3,500

機関誌「立教」
購読料(4年分)

8,000
8,000
8,000
8,000
  
合 計
1,251,000
1,256,500
1,267,500

心理 1,407,500

映像 1,389,500

注1. 入学金および機関誌「立教」購読料は入学時のみ徴収します。本学学部卒業(見込)者・退学者、本学大学院修了(見込)者・退学者については入学金を160,000円とします。
注2. 理学部においては、理学部の履修要項の定めるところにより実験を履修しない者については実験料は不要とします。
注3. 経営学部国際経営学科においては、1年次に「海外EAP」という原則全員参加の海外研修科目があり、実習費450,000〜500,000円が別途必要になります。

★ 東大人気「ドラゴン桜」が一役?志願者2割増

 来年の大学受験に向け、東京大学を目指す志願者が前年より2割程度増えている。東大が今年初めて大学説明会を開くなど積極的に情報発信をしていることも一因だが、受験関係者などの間でささやかれているのが、東大受験に挑む非進学校の生徒を描いた漫画「ドラゴン桜」の影響だ。駿台予備学校が11月に実施した東大入試実戦模試の受験者数は前年より20%増加。代々木ゼミナールの東大入試プレテストは前年比9%増、河合塾の「東大即応オープン」も前年比23・6%増で、予備校関係者は、近年になく東大志望者が増えていると見ている。こうした「東大人気」について、河合塾進学事業推進部の藤橋研二チーフは〈1〉少子化による「大学全入時代」に向け、受験生の上昇志向が高まっている〈2〉東大が説明会を始めるなどPRに乗り出した――などをまず指摘する。それに加えて無視できない要因として挙げるのが、漫画「ドラゴン桜」の影響だ。「ドラゴン桜」は週刊モーニング(講談社)連載の人気コミックで、元暴走族の貧乏弁護士が、倒産寸前の私立高校をエリート校に生まれ変わらせるため、偏差値30台の高校生たちに東大受験テクニックを伝授するというお話。カリスマ教師が説く独特の勉強法が話題となり、今年TBS系でドラマ化もされた。
(読売新聞) - 12月25日10時29分

★ 阪大と大阪外大が統合へ 大阪外大は外国語学部に

大阪大(大阪府吹田市)と大阪外国語大(同府箕面市)が、07年10月に統合する方針であることが21日わかった。06年3月に基本合意を交わす予定で、統合後の名称は大阪大学となる。25の専攻外国語を持つ大阪外大の特色を生かし、文系領域を強化する。旧帝大の統合は九州大・九州芸術工科大に次ぎ2例目。学生数は計約2万5000人になる見込みで、国立大の統合では最大規模となる。 大阪外大のキャンパスは大阪大外国語学部になる。国立の外国語大は東京外国語大だけになる。大阪外大は専攻・研究外国語、方言などの関連語を含め62言語。とくにスワヒリ語、スウェーデン語、デンマーク語、ハンガリー語などの専攻語があるのが大阪外大の特徴で、少数民族の言語も17ある。しかし、国の交付金が年々減り、多言語教育の維持が難しくなっていた。統合で学生数が5倍に増え、「幅広い言語教育を維持できる」と判断した。大阪大も「専門性の高い大阪外大の外国語や国際文化研究の領域を取り入れることで、文系分野に幅が出る」と評価。両大学は昨年5月から協議を続けてきた。大阪外大は国際文化や地域文化の研究分野も持つため、統合後に外国語学部以外に国際系の学部新設をめざしたが、文部科学省が難色を示したため断念。この分野は大学院に地域研究の領域を設けることを検討。国際的な研究の横のつながりやボランティア育成に向けた「国際協力連携センター(仮称)」の設立をめざしている。大阪大の橋本日出男理事は「アラビア語ができてイスラム文化を語り、スワヒリ語が堪能でアフリカの貧困を学ぶ人材を育てるような環境をつくりたい」。大阪外大の松田武副学長は「社会科学の講義の選択の幅が広がり、将来のキャリアの選択肢も広がるだろう」と話している。 朝日ネット 2005年12月21日17時20分

★「国立大は安い」今は昔? 入学料では私大と逆転

国立大で入学料や授業料の値上げが続いた結果、入学料では国立大の方が私立大より高い“逆転現象”が起きている。充実した施設とともに、国立大の売りだった「安さ」。各大学は「これ以上学生の負担を増やすことがないように」と、国の予算編成を前にさらなる値上げを警戒している。長崎市で7日、開かれた国立大学協会(国大協)の総会。会長の相沢益男東京工業大学長は「入学料の値上げは断固反対だ」と発言した。今春に授業料の基準となる「標準額」が1万5000円引き上げられたため、「次は入学料」という警戒感を国大協として表した。 (共同通信) - 2005年11月14日11時37分更新


下記の大学は私が調べた参考例です。

平成17年度東京大学

入学金 282000円、授業料 535800円 初年度納入金 81万7800円

平成17年度早稲田大学政経学部

入学金 290000円、授業料 726900円 初年度納入金 117万7900円



★ 早稲田大学成績上位91名に授業料免除

早稲田大学(白井克彦総長、東京都新宿区)は今年から、入試での成績上位者に卒業までの授業料を全額免除する「特別奨学金」制度を新設する。各学部ごとに入学定員の約1%にあたる新入生計91人を「特別奨学生」とする予定。同大では、「本当は早稲田に来たいが、学費面で国立を選ばざるをえないというような、優秀で意欲的な学生に来てもらいたい」と期待している。
(読売新聞2005年1月20日)


トップページへ戻る