豊かで楽しい健康生活〜素敵に生きる〜

kenkou1

Sponserd Link

素敵に生きるとは

「素敵」に「生きる」とは、皆さんどういう事とお考えですか。

これを実現するためには「自分らしく、いつも感激をもてる純粋な気持ちを持ち続けている」ことが必要と思っています。

「素敵」はあくまでも「生きる」についてきている言葉であり、まずは生きる事が基本となるわけです。

「生きる」とは、「心」と「体」が健康でなけらばなりません。

そこで、このホームページでは、「心の健康情報」と「体の健康情報」を紹介することにしました。

私も日々、「より良い健康情報」を収集し、 生活に取り入れ「より良い健康生活」が習慣にできるように努力しています。

この健康方法や健康情報が皆様の体質・環境にマッチし、健康生活の参考になれば幸いです。

自然治癒力が凄い

自然治癒力とは、それこそが人間がもつ生命力そのものです。
体を健康な状態に維持するためには、

(1)体の機能のバランスや秩序を正常に保つ(恒常性維持)

(2)病原菌など異物の侵入、変質した自己細胞を殺傷して体を守る(自己防衛=生体防御)

(3)傷ついたり古くなった細胞を修復したり新しいものに交換する(自己再生=修復・再生)

の仕組みを十分に働かすことです。
本来、これらの自然治癒力の3本柱は、私たちの身体に自然に備わっているものです。

(1)「恒常性維持機能」

「恒常性維持機能」とは体の外部環境の変化、あるいは体内の生理機能のバランスの乱れに対して、自然に身体の状態を恒常的に一定に保とうとする働きです。

 

例えば、外気の温度が極端に変動しても、体は熱の放散と生成を調節することによって、体温が著しく上がったり下がったりすることはありません。

 

また、水を飲みすぎても、多量の汗をかいても、尿の量を調節するホルモンの作用によって、体内の水分量は常に一定に保たれます。

 

運動によって酸素の消費量が増えれば、心臓の脈拍は早くなって血液循環を促進します。

 

このような恒常性維持機能は、主に自律神経や代謝エネルギー、内分泌(ホルモン)の働きによって調節されています。

 

自律神経を例にとっても、自律神経の交感神経と副交感神経は、交感神経→興奮させる(職場でのミス、全力運動、夫婦喧嘩などのストレス)、副交感神経→リラックスさせる(音楽を聴きながらくつろぐ、お風呂でゆったり、歩く)、という具合にそれぞれ相反する方向に働き、健康なときには常にバランスを保っていますが、この2種類の神経のバランスが崩れ片方に偏ると、さまざまな病気をもたらします。

 

例えば、リラックスモードの副交感神経が優位になるとリンパ球が増え→アレルギーなどを引き起こし、興奮モードの交感神経が優位になると顆粒球が増え→ガンなど組織の破壊を引き起こします。

(2)「自己防衛機能」

「自己防衛機能」を高めるには、主に各細胞にひとつづつ存在する抗酸化酵素SOD(スーパーオキシドジスムターゼ=超酸化物不均化酵素)、白血球に存在するマクロファージやリンパ球、そして顆粒球の、4種類の戦士をバランスよく強化する必要があります。


Sponserd Link

(3)「自己再生機能」

「自己再生機能」は、人間が生を受けた時にすでに遺伝子によって受け継がれているもので、細胞に記憶されているものです。

 

その遺伝子の記憶に従って、壊れた細胞は再生されます。

 

そのためには、人間の細胞がタンパク質で構成されているということから、数多くのアミノ酸をバランス良く摂ることが必要です。

(4)「自己防衛機能」こそが自然治癒力の要

「自己再生機能」と「自己防衛機能」を同時に高めることが求められます。

 

上記のように自然治癒力は2つの機能が発揮されて成り立っているのですが、当然、「自己防衛機能」が落ちれば、「自己再生機能」も落ちることになります。

 

つまり「自己防衛機能」こそが自然治癒力の要ということです。

 

「自己防衛機能」において、4種類の戦士の内、リンパ球の免疫戦士の役割は決定的です。

 

リンパ球と顆粒球のバランスが極端に崩れるといろいろな疾病に見舞われます。

 

免疫こそが、自然治癒力の主役である所以です。

 

人間の体には、病気にかかったり、かかりそうになったとき、それらを自らの力で治したり防ごうとする力が備わっています。

 

病気になっても負けない、病気になりにくい人は、自然治癒力のうちでも自己防衛機能、特に免疫戦士の免疫力の強い人といえます。

 

癌を始め、成人病の予防や治療に大きな影響を与える自然治癒力を確実に高めてくれるのは、まぎれもなくその主役の「元気な免疫」です。

 

「元気な免疫」の素は、性質の異なる何種類かの免疫細胞からなる白血球です。

 

免疫力は白血球の数と活性によって決まるといわれています。

 

自然治癒力(免疫力)を高めれば、不治の病とされるガンも恐くはありません。

夏には富士登山

tozan

私が初めて3,000m級の山に登ったのは「富士山」でした。
大学2年の夏休みに富士吉田口登山道7合目の山小屋「日の出館」で40日間アルバイトした時です。
最近は、夏山登山の楽しさを思い出し、毎年登っています。
平成24年は、日本三霊山登頂しました。
「富士山」(3,776m)7月28日に登頂、
「立山」(3,003m)9月15日に登頂、
「白山」(2,702m)9月29日に登頂、
そして「木曽御嶽山」(3,067m)にも10月13日に登頂しました。
(注、木曽御嶽山は平成26年9月27日の噴火により入山規制があり現在は登頂できません)
平成25年は、「富士山」に7回登頂しました。
平成26年は、「富士山」に4回登頂しました。
平成27年は、「富士山」に8回登頂しました。
平成28年は、「富士山」に5回登頂しました。(内、麓から登頂1回)
平成29年は、「富士山」に6回登頂しました。(内、麓から登頂1回)


Sponserd Link



 
トップページ Facebook Google+ 健康生活ブログ 富士登山ブログ 日々是好日